男性側から見た、失敗しないプロポーズ方法

成功後を意識した行動を

 近年では男女平等という観念が浸透し、それが当たり前となりました。そのため、結婚後は男性にも家事を負担してもらいたいと考えている女性は珍しくありません。 プロポーズに失敗しない方法としては、家事能力をアピールすることが有効です。 これは自宅に食事に招待し、手作りの料理を食べてもらったり、綺麗に片付いている家の中を見せるのが有効です。 家の中の役割を分担できるところを見せておき、彼女と結婚しても困らないことを証明しておきましょう。

事前に言葉を考えておこう

 計画性が求められる局面というのは、人生の中で少なくありません。毎度毎度臨機応変で対応するのは無理がありますし、予め作戦を練っていた方が、いざというときが来ても慌てずに済みます。 そういう意味では、プロポーズの言葉をする前に考えておくのは大切です。 なぜなら、肝心の場面で言葉に詰まってしまい、何も言えなくなると、相手を怒らせることが多いからです。 多少古くさい物言いでも構いません。その瞬間に相手にはっきりとした愛の言葉を継げましょう。

プレゼントを用意しておこう

 プロポーズをする前には、双方の気分を盛り上げておく必要があります。そして気分を盛り上げるためには演出が大切です。 これは何を意味するのかと言えば、プレゼントを準備しておくことです。 これは花束などでもよいのですが、婚約指輪にすると更に効果的となります。 女性は男性が自分に愛の告白をするために、プレゼントを用意してきたというシチュエーションを好む傾向にあります。 デートの最初、あるいは終盤などにそれを繰り出し、相手の気持ちを掴むようにしましょう。

最近は、プロポーズをする男性も少なくなってきています。同棲していてなんとなくと言うパターンや、お見合いで既に結婚を前提にしているパターンも増えているからです。