結婚指輪を準備するときの注意点

結婚指輪を準備する時期

結婚式に結婚指輪は欠かせません。教会式はもちろん、人前式や神前式にも結婚した証として指輪の交換の儀式があるためです。結婚指輪は、結婚式までに用意できていればよいのですが、作るのに時間がかかることが多いため、早めに準備する必要があります。既製品を購入するならばサイズさえあれば即日購入も可能ですが、メッセージやイニシャルなどの刻印をいれたり、オリジナルデザインにする場合、数ヶ月かかることもあります。早めの準備が肝心です。

費用や素材、デザインについて

指輪の予算は、カップルにより様々ですが、二人分で20〜30万円ほどというのが平均です。一本あたり10〜15万円くらいが相場といえます。結婚式の費用を考えるときに、指輪の費用については忘れがちになるので、意識しておくようにしましょう。素材はプラチナやゴールドなどの劣化しにくい金属が人気です。チタンなどの素材を使う人もいます。また、デザインは日常的に使いやすいシンプルなものが人気ですが、オリジナルのデザインで作る人も多くいます。

結婚式当日に忘れないように注意

そして、意外にも結婚式当日に指輪を忘れてきてしまうカップルは少なくありません。汚したくないからといって当日まで大切に保管しておくと持ってくるのを忘れてしまうことがあります。ほとんどの場合、式場には予備のものが用意してあるので貸してもらうことは可能ですが、せっかくの機会なので忘れないように注意しましょう。また、当日まで着用していた場合は、直前になったらクリーニングにだすときれいな状態で式を迎えることができます。

神戸の結婚式場では、希望条件に合ったプランを選択できるため、こだわりの結婚式を実現したい場合でも安心して利用できます。